ネクタイをアイロン掛けする

ネクタイをアイロン掛けする

  • ネクタイをアイロン掛けする

    • ビジネスマンにとって、スーツの友となるネクタイはとても重要な相棒とも言える存在です。

      ネクタイサイトを見つけることができました。

      毎日頑張って仕事をするなかで相棒もスーツと同じように段々とよれてシワが入る事もよくあります。

      保管する時に気をつけていても多少はシワになるので仕方のないことですが、どうにかしてピンと伸ばしてやりたいと思うのではないでしょうか。そんな時に活躍してくれるのがアイロンですが、男性だとそもそも家事に慣れていないことも多く、ネクタイを綺麗にするにも困ってしまいがちです。

      直接あててしまえば終わるだろうと思ってアイロンのスイッチを入れるのは非常に危険です。


      生地に高い熱を加えると溶けたり傷んだりする原因となるので、あて布を用意しておくと作業も安心して行えます。


      まずはネクタイ全体をよく見てシワになっているところを確認しましょう。
      あてる前に生地のシワを手で伸ばしてからあて布をし、それからアイロンのスチーム機能で蒸気をあてていきます。



      シルクの上等なものは特に水分にも弱いので、近づけすぎないように距離を保ちながらあてるのがポイントです。
      最初はあまり使わなくなったものでアイロンをかける練習をしておくと、本番も上手く綺麗にシワを整えていく事ができます。



      ネクタイがよれよれだと、仕事ができる人でも身だしなみができていないことで相手からの評価が下がる事もあります。

      ビジネスアイテムの一つとして、ネクタイの状態もいつでもきちんとしておきましょう。

  • ネクタイの大人の常識

    • ネクタイにはいくつかの種類があり、ファッションや使い道に合わせて選択するできます。ネクタイの太さに関してはレギュラータイとナロータイと呼ばれるものが存在します。...

  • ネクタイの知っておきたい情報

    • ネクタイの幅や長さ、色や柄などもよく吟味して選んだ後に気をつけたいのは綺麗に結ぶ事です。学生時代の制服では既に綺麗に仕上げてある状態のものも多かったのですが、社会人ともなれば自分で首に巻きつけて結ばなくてはいけません。...

  • ネクタイの身になる知識

    • ネクタイを使うコーディネートとして誰もが思い浮かべるのはビジネスマンのスーツではないでしょうか。他にも学生服の時に締めたことがあるという方もいるかもしれません。...

  • ネクタイの皆が知りたい情報

    • 社会に出てビジネスマンとして働くようになれば誰もが一度はスーツを着てネクタイを締めます。サラリーマンになれば、これまで着ていた制服がスーツになるようなものですから、毎日同じように身だしなみを整えて出社するのです。...

top