ネクタイをアイロン掛けする

  • ネクタイが苦しく感じる時

    • 社会に出てビジネスマンとして働くようになれば誰もが一度はスーツを着てネクタイを締めます。

      サラリーマンになれば、これまで着ていた制服がスーツになるようなものですから、毎日同じように身だしなみを整えて出社するのです。

      慣れていないうちはネクタイは首に巻きつけると窮屈に感じます。

      ネクタイの最新情報をご提供します。

      場合によっては段々と苦しいような気分になってくることもありますが、何度も作業を繰り返していくうちに上手くできるようになってそれほど気にならなくなってきます。

      働き始めた頃はとりあえずしているというだけでもまだ許されますが、働き出してそれなりに年数が経ってくるとそうも言ってはいられません。

      苦しいと思ってしまうのはそれだけ上手く巻けていないということも原因に考えられます。



      シャツの首回りのサイズが合っているかどうかも見ておいた上で、もう一度ネクタイの巻き方を見直していきましょう。結び目が綺麗な三角形になっているか、そして大剣と小剣の長さがバランスが取れているかどうかを見て下さい。


      大剣はベルトに掛かるぐらいの長さに調整しましょう。


      しっかりと結び目を結ぶようにする事でその下にできるくぼみであるディンプルも綺麗になります。男性は化粧などをするわけではありませんから、余計にスーツを着た時にはネクタイの状態に視線が行きます。シャツやジャケットのサイズも確認し、綺麗なネクタイの形を作りながら自分で締めた時に苦しくならないように調節してみて下さい。



top