ネクタイの種類について - ネクタイをアイロン掛けする

ネクタイをアイロン掛けする

  • ネクタイの種類について

    • ネクタイにはいくつかの種類があり、ファッションや使い道に合わせて選択するできます。

      ネクタイの太さに関してはレギュラータイとナロータイと呼ばれるものが存在します。
      レギュラータイとは一般的な太さのものであり、最も太い部分が7cmから9cmになっています。


      それよりも細いものはナロータイと呼ばれています。

      ナロータイは最大の太さが4cmから6cm程度とされます。

      ナロータイはカジュアルな場面で着用されることが多く、レギュラータイはフォーマルな場面で着用されることが多いです。
      どちらの場合でも先が尖っている一般的な形のものはダービータイと呼ばれています。

      ネクタイは素材によっても呼び分けられることがあります。

      ネクタイ関する情報選びで困った時に見てほしいサイトです。

      1つはウールで出来た温かい印象を与えやすいウールタイです。一方で麻で出来たリネンタイも存在します。
      一般にウールタイの方は冬の時期に付けるケースが多く、リネンタイは夏場に使用することが多いです。

      ただ、ネクタイの素材ではそれほど体感温度に差が生まれないため、それぞれ季節とは必ずしも一致させるとは限りません。

      一年中、ネクタイの素材を変えずに付けるという方も少なくないということです。


      編んだニットで出来たニットタイはどちらかというとカジュアルよりですが、フォーマルでも使用できることもあります。



      ダービータイとは異なる先端を水平にしたスクエアタイプもあり、ニットタイにおいてはこちらの形になっていることも珍しくありません。



top